うつ病へと導かれる原因と様々な症状を把握するために

医師

うつ病の原因

医師

うつ病の発症について一般的に考えられているのは、脳の神経の働きが低下していることや、ストレス、身体的な病気などの様々な要因が積み重なって発症に至るという流れです。うつ病は一つの原因によって発症するのではなく、複数の原因によって引き起こされると言えるのです。その原因には様々なものがありますが、大きく二種類に分類されます。それは、環境要因と身体的要因の二つです。
まずは環境要因について確認しましょう。うつ病に発症した方を取り巻く様々な環境に起因して、うつ病の症状を発症することになります。例えば、引っ越しや育児などの環境変化が挙げられます。また、人間関係に何らかのトラブルが起こった場合もうつ病の温床となり得ます。また、幼少期の体験や育てられていく過程の中で受けた様々な対応によってもうつ病が発症する可能性があります。人間が暮らしていくにあたり、様々なタイミングで起こりやすいものとなっているのです。
次に身体的要因について確認しましょう。身体的要因とは、純粋な病気から身体に起こった変化まで様々です。例えば、感染症やがんなどの症状が発症してしまった場合が挙げられます。また、慢性的な疲労によって引き起こされる場合もあります。ホルモンバランスの変化によってうつ病が発症することもあるでしょう。
このように、うつ病の発症には大きく二種類の要因があると言えますが、その際に密接に関わるのはストレスです。ストレスがうつ病に与える影響は大きく、特に人間関係によるストレスと環境の変化によるストレスがうつ病の発症に大きな影響を与えるとされています。
また、うつ病になりやすい性質についても研究が進められています。特に陥りやすいタイプは、まじめで責任感が強いタイプであるとされています。その責任感の強さから様々な仕事を引き受けてしまい、抱えきれなくなってうつ病に移行してしまうという流れが多く確認されているのです。うつ病にかかってしまった方は様々な症状が見られるようになり、仕事や生活に支障をきたします。うつ病になりにくくするには、物事に優先順位をつけるなどして全てに完璧を求めすぎないということが大事になってきます。
しかし、そういった性質は自らの性格に起因するものです。性格を変えるというのは困難なことであるため、医師に相談し、適切な治療方法を確認することも一つの手段と言えるでしょう。症状が表に出る前に対策することが大事なのです。