うつ病へと導かれる原因と様々な症状を把握するために

医師

早期に進行を止める

医者

うつ病を放置すると様々な症状を引き起こすことになりますが、その点については他の病気と同様です。治療せずにそのままにしておくと、自体は悪い方向に向かってしまうのです。できるだけ、うつ病の症状が軽いうちに気付いてケアしていくことが大切です。うつ病が進行していくと次第に自らを責めるようになり、追い詰められてしまうのです。うつ病の末期に見られるそうした症状を希死念慮と呼びます。こうなってしまうと、傍から見てもうつ病だと分かるほどに症状が進行してしまい、解決が非常に難しくなってしまいます。
従って症状が比較的軽い間に治療することが大事ですが、自らがうつ病であると気付くことは難しいかも知れません。ここでは、うつ病かも知れないいくつかのサインを用意しました。これらに当てはまるようであれば、心療内科や精神科に足を運んでみた方が良いでしょう。
まずは、うつ病の初期状態に見られるサインをお伝えします。うつ病にかかりはじめている状態の時には、やる気や集中力の低下が見られるようになります。不注意が続いたりするようであればサインと捉えられるでしょう。また、物事が決められなかったり、不安が続いたりするような場合も初期状態のサインと言えます。
次に、中期の状態に見られるサインをお伝えします。物忘れがひどくなったり、過眠や不眠などの睡眠に関する障害が起きたりした場合はうつ病が進行してきているサインであると言えます。また、便秘や動悸についても同様です。便秘や動悸については身体的なものであり、うつ病による症状とは気付きづらいため注意が必要です。
最後に、うつ病の進行がかなり進んでいる際に見られるサインをお伝えします。症状がひどくなると、動きがゆっくりになっていたり常識から外れた考えを持ったりします。また、人から離れたくなる気持ちになります。これらのサインが見える場合にはうつ病が進行している証なので、医師へ相談すべきでしょう。
目に見えづらいうつ病の症状ですが、進行していくにつれ日常生活に支障をきたすようになります。上記のサインを参考に、できるだけ早めにうつ病の兆しを発見したいところです。うつ病の兆しが発見できれば、精神科や心療内科を受診することで適切な対策を取りましょう。一人での解決は難しいのがうつ病の特徴です。専門家である医師へ相談することで、苦境を乗り切ることができるのではないでしょうか。