うつ病へと導かれる原因と様々な症状を把握するために

医師

うつ病の大きな分類

カウンセリング

うつ病の大分類について紹介します。一つは「大うつ病性障害」と呼ばれるもので、もう一つは「双極性障害」と呼ばれるものです。
はじめに、大うつ病性障害について取り上げます。このタイプは、抑うつの状態だけが発症するようなタイプとなっています。このタイプはより多くの方が発症しやすいものとなっています。ストレスなどの様々な要因により発症し、発症してしまうと不眠や体重の減少といった症状があらわれます。そして、抑うつ気分になるという症状が大きな特徴となっています。
もう一点の症状である双極性障害は「躁うつ病」という別名で呼ばれることもあります。躁の状態と鬱の状態を相互に繰り返すという特徴を持っています。また、鬱状態の際の症状は大うつ病性障害における症状と同様です。つまり通常のうつ病と変わらない症状であるため、鬱状態だけでは双極性障害と判断ができない場合があります。
双極性障害にはいくつかのパターンがあります。一つ目のパターンは双極1型と呼ばれるもので、躁状態と抑うつ状態の双方が出現するパターンです。二つ目のパターンは双極2型と呼ばれるもので、抑うつ状態と軽い躁状態が出現するパターンです。また、特殊なタイプとして「ラピッドサイクラー」と呼ばれるものがあります。これは急速に躁鬱が繰り返されるという症状となっています。
上記二種類のうつ病は、治療法などの対策が異なってくることがあります。また、うつ病に至るまでの経緯にも違いが見られることが多いです。しかし、それぞれに適した治療法が存在するのです。医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。場合によっては治療に時間がかかることもあるでしょうが、焦らずゆっくり治療していくことで快方に向かうはずです。また、周囲の方々による理解も大事になってきます。うつ病の疑いがある方がいらっしゃれば、治療のための環境を整えるように努めてみましょう。医師の診察を促すことも立派な協力です。